超絶の底値は把握していますよ

超絶のレジに並んでいた箇所、前にいた女性が、ちょっと待ってて、というレジの働き手に言い残し、どっかへ行ってしまいました。

こちらは驚いて、レジの働き手といった苦笑をするしかありませんでした。一体、どこに行ったんだろう、としていた箇所、女性がトイレットペーパーを2鞄持ってレジへ戻ってきました。

そうしてお会計を続開したのですが、女性が持ってきたトイレットペーパーのフィーにびっくりしました。

誠に、18ロールで298円だったのです。298円という売り値はこういう超絶でのトイレットペーパーの底値なのです。

まだまだ、建物にはトイレットペーパーのストックは十分にあるのですが、何しろ最低価格の場合選べるものは全体買っておく、というのが私のショッピング計算だ。

因みに、以前はトイレットペーパーは双方を好んで使っていましたが、今は省エネが理由でシングルのトイレットペーパーを選ぶようにしています。

こちらはきっといつも購入する品物については、底値をメモ用紙にノートをとって切り捨ていらっしゃる。その底値を参考に、品物を貰う買わないの修得をしています。

ただし、こういうショッピング省エネ手法は自分でも良し悪しですな、としていらっしゃる。なぜなら、特売品を貰うために超絶へ行く度合が厳しくなれば、必ずしもアレもほしいコレもほしいという、余計な物を買ってしまうからだ。

この辺りは、私もまだま省エネが手ぬるいなと見える所だ。日焼けした後に残ったシミ。どうやって白い肌に戻せばいいの?